以前は芸能人など一部の人たちが行うことが多かった海外ウェディングですが、最近では国内で広く浸透しています。ハワイやグアム、ヨーロッパなど、特にハワイやバリでの海外ウェディングは人気で、多くの人が挙式を行っています。最近は一般化してきた海外ウェディングですが、国内で行う挙式とは慣習が異が異なることは理解しておく必要があります。それを把握したうえで計画を進めていくことが大切です。

海外での挙式は2人だけ、もしくは家族などとアットホームな雰囲気で行うというイメージが強いですが、最近は親しい友人を呼んである程度の人数で行うというカップルも少なくありません。多くは10~20人ほどですが、人によっては50名以上を招待して大々的に行うという人もいます。

日本国内での挙式と海外ウェィングでは、友人を招待するときに注意すべき点がちがってきます。海外ウェディングに招待する場合に注意しなければいけないのが、負担してもらう費用とスケジュールです。費用の負担に関しては、別ページでくわしく説明するので、参考にしてみてください。

国内の結婚式や披露宴では拘束時間は数時間で済みますが、海外で挙式する場合は数日時間をとってもらうことになります。ゲストに数日さいてもらうので、できるだけ早く挙式する旨を伝えて、スケジュール調整をしてもらうことが大切です。できるだけ早くが望ましいですが、遅くても3ヶ月ほど前から言っておくようにしましょう。

Comments are closed.